こんにちは。
干し野菜をつくって調理するユニット「干すひと」です。
ただし、最近は天候も悪く、乾きが悪いため、もっぱら「干さないひと」になっちゃってます。。。
料理だけでなく、日々考えることなども伝えられたらいいなあと思っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
はじめまして。干すひとの紹介。
JUGEMテーマ:エコログJ

干し野菜とその料理、毎日をちょっとだけ大切にするブログです。

干すひと

干し野菜を中心にした料理を提案します。

干し野菜を通して、ものが作るられる時間として伝えたいと思っています。

私たちが普段口にする生野菜や温野菜とでは

干し野菜は、歯ごたえや味がとても新鮮に感じられます。



干さないひと

そうです。毎日は大変。干さないときがあってもいいじゃない。

干し野菜を使わないおいしいものを紹介します。



遊ぶひと

遊ぶひとは、料理を使った私たちの遊びです。

まちで見つけたお気に入りの器に料理を盛ってみたり、

器から料理を考えてみたり、好きな本から想像した料理を作ってみたり。

いつものおいしいご飯を食べるからちょっと離れて、作ることを楽しみます。


event archive

2009.8.22【Creeks】at Nakano BLOOM ( Tokyo )

2009.7.19【onsa vol.2】at sewing gallery ( Osaka )

2010.4.3 【homamさんピクニックへのケータリング】at Jiyugaoka

2011.11.18天辺から爪先までvol.10〜グーミ is on the way to Osaka〜】at 南堀江knave(Osaka)

2012.9.9 【天辺から爪先までvol.11】atグッゲンハイム邸(Kobe)

2012.12.1 【スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜atグッゲンハイム邸(Kobe)

コメントいただけたらうれしいです。

さらに何か一緒にしてもいいぞっていう方いらっしゃいましたら、 ご連絡いただけるとうれしいです!!
⇒hosuhito@gmail.com


レシピは ↓ 


posted by hosuhito | 02:51 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
イベント報告 12月1日スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜
スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜
@グッゲンハイム邸(塩屋)にケータリングで参加させていただきました。
ちょっと報告。

天辺から爪先まで12
「天辺から爪先まで」には、
これで3回呼んでいただいています。
今回のフライヤーもかわいいです。





長谷川健一
長谷川健一BAND SET
関西初でした。

キツネの嫁入り
そしてレコ発!キツネの嫁入り


干すひと
グッゲンハイム邸は厨房を使わせてもらえるので
楽しく、色々できるんです。

ライブはもちろんですけど、
料理でも楽しんでもらえたらいいなあと今回作ったのが
グヤーシュとヤフニです。
せっかくなので、普段接することのない国の料理で
楽しんでいただければなあと。。。

グヤーシュは、ハンガリーのパプリカ風味のスープです。
今回はシチューにアレンジ。
ヤフニはバルカン半島からトルコまで幅広い地域で食べられているシチュー。
今回は、ヨーグルトソースや九条ネギを使ってブルガリア風に。
レシピや料理写真などはこちら





JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ


posted by hosuhito | 02:50 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
干さないひと:グヤーシュ
スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 
〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜にてケータリングした料理
グヤーシュです。パンでもご飯でも美味しいレシピです。

干すひと風グヤーシュ


グヤーシュ4人分

牛スネ肉 300g
にんにく2かけ
玉ねぎ1個
にんじん1本
じゃがいも2〜3個
バター大1
パプリカ大3
赤ワイン1/2カップ
トマト缶300g
水1/2カップ
コンソメキューブ2個
ローリエ1枚

①牛スネ肉は一口大に切って塩こしょうで下味をつけ、
 薄く小麦粉を振っておく。
②にんにく、玉ねぎはみじん切りに、にんじん、
 じゃがいもは大きめにカットする。
③鍋にバターを溶かし、にんにくと玉ねぎを炒める。
 ほんのり色付いてくるまで。
④牛スネ肉を加え、炒める。
 肉の色が全体的に変わってきたらにんじんも加え、軽く炒める。
⑤パプリカを加えよく混ぜて馴染ませる。
⑥赤ワインを加え一煮立ちさせたら、
 トマト缶以下の材料を全て加え、よく混ぜながら煮る。
⑦煮立ってきたらとろ火にし、1時間半程煮る。
⑧じゃがいもを加え、さらに20〜30分煮る。
⑨塩で味を整え、一晩寝かせる。
posted by hosuhito | 02:07 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
干さないひと:ヤフニ
 ブルガリアンヤフニを干すひと風にアレンジ。

トルコ料理で有名なヤフニのブルガリア風のものを干すひと風にアレンジ

ともう何だかわかりませんね(笑)


干すひと風ヤフニ


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピヤフニ

3〜4人分


マトン200g

にんじん1本

玉葱1,5個

ピーマン1個

にんにく2かけら

九条ネギ200g

しめじ100g

赤ワイン(甘口)150ml

水100ml

カットトマト缶1缶

コンソメキューブ1/2個

クミンシード小さじ1

クミンパウダー小さじ1

塩小さじ1/2

砂糖小さじ2

ブラックペッパー小さじ1/4


ヨーグルト お好み

レーズン お好み


①マトンを一口大に切り、塩こしょうで下味を漬け、赤ワインに一晩漬け込む。(すべて分量外)

②にんじんは一口大、にんにく、玉葱、ピーマンはみじん切りにし、油を引いて痛める。

③玉葱がきつね色になったら、漬けておいたマトンを加える。漬け汁は捨てる。

 クミンパウワダーを加える。

④マトンを焼き目がついたら、塩、胡椒、砂糖、水、コンソメ、赤ワイン、クミンシードを加え煮立たせる。

⑤トマト缶を加え、2時間程煮込む。(水分が無くなるので、水を加えつつ煮込みます)

⑥一晩置く。

⑦食べる直前に、しめじ、九条ネギを加え火を通す。

⑧ヨーグルトソースを作る。

 ・ヨーグルトに塩(ヨーグルト200gに対し、塩小さじ1/4弱)胡椒を加える。

⑨お皿にご飯、ヤフニを盛りつけ、ヨーグルトソースをかけ、

 ご飯にレーズンをちらす。できあがり。


 

posted by hosuhito | 01:37 | イベント | comments(2) | trackbacks(0) |
干すひと:東南アジア風 鶏飯
アジア風鶏飯

さて、鶏飯のアレンジレシピです。
鶏飯に使う、鶏ガラスープなので、アジア風の味付けには相性最高です。
スープを多めに作って、色々な味を楽しんでください。
レシピでは、トマトを干す行程がありますが、生でもかまいません。
けれども、干して、トマトを濃厚な味にすると、とても美味しいです。

材料
鶏ガラスープ
※レシピ「鶏飯」を参考にしてください。
鶏胸肉
トマト
コリアンダー
ナンプラー
砂糖

1、トマトを干す
トマトを2センチほどの大きさに切り、半日ほど天日に干す。

2、鶏肉に味付けをする。
茹でて、適度な大きさに裂いた鶏肉に、ナンプラー、砂糖をふりかけ合える。
甘さ、塩辛さで味がちょっときつく感じるくらいにする。

3、干したトマト、鶏肉をご飯に盛りつけ、コリアンダーを散らす。
  食べる直前にレモンまたはライムを絞り、スープをかけて出来上がり。
  
posted by hosuhito | 20:28 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
www.flickr.com
こちらは 干すひとの写真
Search this site
{hosuhitoの本}