こんにちは。
干し野菜をつくって調理するユニット「干すひと」です。
ただし、最近は天候も悪く、乾きが悪いため、もっぱら「干さないひと」になっちゃってます。。。
料理だけでなく、日々考えることなども伝えられたらいいなあと思っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
イベント報告 12月1日スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜
スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜
@グッゲンハイム邸(塩屋)にケータリングで参加させていただきました。
ちょっと報告。

天辺から爪先まで12
「天辺から爪先まで」には、
これで3回呼んでいただいています。
今回のフライヤーもかわいいです。





長谷川健一
長谷川健一BAND SET
関西初でした。

キツネの嫁入り
そしてレコ発!キツネの嫁入り


干すひと
グッゲンハイム邸は厨房を使わせてもらえるので
楽しく、色々できるんです。

ライブはもちろんですけど、
料理でも楽しんでもらえたらいいなあと今回作ったのが
グヤーシュとヤフニです。
せっかくなので、普段接することのない国の料理で
楽しんでいただければなあと。。。

グヤーシュは、ハンガリーのパプリカ風味のスープです。
今回はシチューにアレンジ。
ヤフニはバルカン半島からトルコまで幅広い地域で食べられているシチュー。
今回は、ヨーグルトソースや九条ネギを使ってブルガリア風に。
レシピや料理写真などはこちら





JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ


posted by hosuhito | 02:50 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
干さないひと:グヤーシュ
スキマ産業×天辺から爪先まで vol.12 
〜キツネの嫁入りレコ発神戸篇〜にてケータリングした料理
グヤーシュです。パンでもご飯でも美味しいレシピです。

干すひと風グヤーシュ


グヤーシュ4人分

牛スネ肉 300g
にんにく2かけ
玉ねぎ1個
にんじん1本
じゃがいも2〜3個
バター大1
パプリカ大3
赤ワイン1/2カップ
トマト缶300g
水1/2カップ
コンソメキューブ2個
ローリエ1枚

①牛スネ肉は一口大に切って塩こしょうで下味をつけ、
 薄く小麦粉を振っておく。
②にんにく、玉ねぎはみじん切りに、にんじん、
 じゃがいもは大きめにカットする。
③鍋にバターを溶かし、にんにくと玉ねぎを炒める。
 ほんのり色付いてくるまで。
④牛スネ肉を加え、炒める。
 肉の色が全体的に変わってきたらにんじんも加え、軽く炒める。
⑤パプリカを加えよく混ぜて馴染ませる。
⑥赤ワインを加え一煮立ちさせたら、
 トマト缶以下の材料を全て加え、よく混ぜながら煮る。
⑦煮立ってきたらとろ火にし、1時間半程煮る。
⑧じゃがいもを加え、さらに20〜30分煮る。
⑨塩で味を整え、一晩寝かせる。
posted by hosuhito | 02:07 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
干さないひと:ヤフニ
 ブルガリアンヤフニを干すひと風にアレンジ。

トルコ料理で有名なヤフニのブルガリア風のものを干すひと風にアレンジ

ともう何だかわかりませんね(笑)


干すひと風ヤフニ


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピヤフニ

3〜4人分


マトン200g

にんじん1本

玉葱1,5個

ピーマン1個

にんにく2かけら

九条ネギ200g

しめじ100g

赤ワイン(甘口)150ml

水100ml

カットトマト缶1缶

コンソメキューブ1/2個

クミンシード小さじ1

クミンパウダー小さじ1

塩小さじ1/2

砂糖小さじ2

ブラックペッパー小さじ1/4


ヨーグルト お好み

レーズン お好み


①マトンを一口大に切り、塩こしょうで下味を漬け、赤ワインに一晩漬け込む。(すべて分量外)

②にんじんは一口大、にんにく、玉葱、ピーマンはみじん切りにし、油を引いて痛める。

③玉葱がきつね色になったら、漬けておいたマトンを加える。漬け汁は捨てる。

 クミンパウワダーを加える。

④マトンを焼き目がついたら、塩、胡椒、砂糖、水、コンソメ、赤ワイン、クミンシードを加え煮立たせる。

⑤トマト缶を加え、2時間程煮込む。(水分が無くなるので、水を加えつつ煮込みます)

⑥一晩置く。

⑦食べる直前に、しめじ、九条ネギを加え火を通す。

⑧ヨーグルトソースを作る。

 ・ヨーグルトに塩(ヨーグルト200gに対し、塩小さじ1/4弱)胡椒を加える。

⑨お皿にご飯、ヤフニを盛りつけ、ヨーグルトソースをかけ、

 ご飯にレーズンをちらす。できあがり。


 

posted by hosuhito | 01:37 | イベント | comments(2) | trackbacks(0) |
遊ぶひと:homamさんピクニックにケータリングをしました。


ちょっとしたイベント報告です。
4月3日にhomamさんのお披露目会にご飯のケータリングをしました。

会場の猫じゃらし公園は、ちょうど桜がきれいに咲いて

homamさんの作品とお花見、

onoクリークのライブ(ごはんもね)を楽しめるお得イベントでした。

干すひとは木の根っこにあった作品がお気に入りです。

(homamさんには内緒です)

イベントについては、homamさんのHPを参照してください。

blogページに写真があります。


homamのHP

http://www.homamoh.com/

ライブをしてくれたオノクリークのHP。かわいいです。

http://creekstour.com/


さて、そんななか干すひとは、ご飯を作った訳ですが、

時間と天候のため干しやさいが使えず、

「干すひとって何を干すんですか?」と聞かれる始末。

すいません、あの日は干さないひとでした。


さて、当日は


【おにぎり】

●赤豆のおにぎり

●そばの実とほうじ茶のおにぎり

●菜の花のおにぎり

●蕗のとう味噌のおにぎり


【おかず】

●カボチャ、なす、オクラの和洋折衷マリネ

●エビたまごやき、ほうれんそうたまごやき(チュニジアタジン風)

●ヨーグルトとたまごのカレー


【お菓子】

●アップルパイ


homamさんを意識してメニューをおにぎりをつくるました。

彼女の作品、人柄がとてもおにぎりっぽい。怒られるかな(笑)

今回のように何かをイメージして作るとおもしろいですね!

頭をつかって考えるのがよいです。

レシピは徐々に投稿していきますので、ご期待を!


JUGEMテーマ:ピクニックに行こう! 

posted by hosuhito | 09:05 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
干すひとの:イベントはこんなのでした。
JUGEMテーマ:まいにちのおうち*ごはん 

今更ながらですけど、2009.7.19のイベントの報告をしようと思います。

大阪の第2回 共同企画公募展「おんさ」というイベント(http://www.swimy.info/)に参加しました。
当日は、屋台形式で皆さんに少しずつ干し野菜の料理を召し上がっていただきました。


当日のお品書き


干しキノコのオープンオムレツ



干し野菜 なす
干し茄子の中華マリネ


干し野菜 大根
切り干し大根とドライトマトのにんにく炒め


干し野菜 タマネギ
干しタマネギのマリネ


干し野菜 シラス
干し野菜(にんじんとピーマン)としらすの和え物(ライム風)


干し野菜 カレー
干し野菜カレー

計6種類の干し野菜料理をつくりました。デリ風にちょっとづつサーブしました。

レシピはおいおい載せていきます。
※「干し野菜(にんじんとピーマン)としらすの和え物(ライム風)」については、レシピが掲載中です。


さて、当日の会場は、大阪枚方市にあるソーイングギャラリーさん(http://sewing-g.com/sg/)で行われました。

ソーイングギャラリー
ソーイングギャラリーは住宅街にある、ポッコリあいた緑の多い空き地のような洋裁学校にあるギャラリー。気持ちいい所です。


干すひとのほかにも、6人(組)の作家さんが参加されていました。初のイベントということで、干すひとはあわあわしていました。前日は、参加するなんて大それたことするんじゃなかったとちょっと後悔したり。。。(笑)
そんな、後悔もすぐに吹っ飛ぶことに。。。

干し野菜 会場風景
後悔した。。。っと思ったのもつかの間。
大勢のお客さんで、楽しさとうれしさのみが残るイベントに!


干し野菜 サーブ
お仕事中。いや、仕事よりたのしいか。。。

干し野菜 完売

そして完売!! 
オムレツはスタッフ用!!このあと胃の中に。。。


初のイベントで、わなわなしたこと、準備不足なことなど、たくさんありました。
しかし、別の仕事をもちながらコツコツ準備をしながら、ここまでできたことは
よかったなあと思います。
そして、なにより、会場で干すひとの料理を食べてくれた方がたに感謝しています。
ありがとうございました。

onsa vol.2』2009.7.19

posted by hosuhito | 00:15 | イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
www.flickr.com
こちらは 干すひとの写真
Search this site
{hosuhitoの本}