こんにちは。
干し野菜をつくって調理するユニット「干すひと」です。
ただし、最近は天候も悪く、乾きが悪いため、もっぱら「干さないひと」になっちゃってます。。。
料理だけでなく、日々考えることなども伝えられたらいいなあと思っています。
<< 干すひと:干しやさい作る編 | TOP | 干さないひと:鶏飯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
干さないひと:ヨーグルトと玉子のカレー

カレー


ヨーグルトとたまごを混ぜて何となくタイ風なカレーができるという

画期的なカレーです!!(笑)

とてもクリーミーに仕上がります。

homamさんのピクニックでの評判がとてもよかったので、

まずはこちらをアップです。

冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

もちろんあったかくてもおいしいです。



材料2人分


とりもも肉 200g

パプリカ 半分

たまねぎ 半分

しめじ 40g

クレソン 25g

しょうが 10g

ヨーグルト 80g

水 150cc

中華スープのもと 小さじ1

ナンプラー 小さじ1

グラニュー糖 小さじ1

カレー粉 大さじ1.5〜2


1、下ごしらえをする。

とり肉は一口サイズに切り、分量のカレー粉をまぶし、しばらく置く。

パプリカは縦に細切り、たまねぎは、一口サイズにざっくばらんに。

しめじは石づきをとり食べやすい大きさに小房に分ける。


2、フライパンに油を引き、しょうが入れ、香りをだす。


3、とり肉を炒める。

表面にちょっと焦げ目がつくくらい。


4、しめじ、パプリカ、たまねぎを入れる。

カレー粉がやさいにもまんべんなく移ったらOK。

あまり炒めすぎると、野菜のシャキシャキ感がなくなりおいしくなくなる。


5、水を加え、中華スープのもと、ナンプラーを入れる。

このとき味を、中華スープと塩(分量外)で整える。


6、グラニュー糖を入れる。

調味料の「さしすせそ」は、この際無視する!

ちょっと濃いめになるくらいまで煮込む。


7、ヨーグルトとたまごを加える。

器に、溶き卵を入れその中にヨーグルトを入れる。一体化するように混ぜてから

フライパンに入れる。


8、ヨーグルトとたまごを入れたら、火を止め、クレソンを入れる。

余熱のみでクレソンは大丈夫です。ヨーグルトとたまごは、加熱すると分離してしまうので、気をつけてください。


9、冷ましたら出来上がり。

冷めたままでも、一度あたためても(煮立たせない)おいしいです。

posted by hosuhito | 23:16 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:16 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hosuhito.jugem.jp/trackback/14
トラックバック
www.flickr.com
こちらは 干すひとの写真
Search this site
{hosuhitoの本}