こんにちは。
干し野菜をつくって調理するユニット「干すひと」です。
ただし、最近は天候も悪く、乾きが悪いため、もっぱら「干さないひと」になっちゃってます。。。
料理だけでなく、日々考えることなども伝えられたらいいなあと思っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
干さないひと:鶏飯
鶏飯

こんにちは。
何となくはまっている鶏飯です。

作り方は簡単ですが、以外と豪華に見え、さらに美味しいので、
おもてなし料理として重宝します。

さて、レシピです。

材料(今回は、分量なしです。必要分作ってください)

鶏ガラ
(無い場合、鶏ガラスープのもとでも良いです)
※鶏ガラはどこのスーパーでも売っている訳ではないと思いますが、
リクエストすると仕入れてくれる場合があるので、相談してみることを
おすすめします。)

生姜
鶏胸肉
しいたけ
玉子
薬味ネギ
刻み海苔
ゴマ
さつまあげ


1、鶏ガラスープを作る。

鶏ガラ
鶏胸肉
生姜

それぞれ好みに合わせて、生姜、塩加減、鶏ガラの煮出し加減を調整して下さい。
ある程度、鶏ガラのだしがでたら、鶏胸肉を鶏ガラスープで煮ます。
この鶏胸肉は、具材用に使いますので、火がとおったら、さましておいてください。

これで鶏飯用のスープが完成。


2、具材を作る。

2ー1、椎茸の甘煮をつくる。

醤油、酒 、味醂
を2:2:1の割合
水 1カップ
砂糖大さじ2分の1

椎茸を、細く切って、調味料で煮ます。
これも味は好み次第。お茶漬けなので、濃いめがオススメです。

2−2、鶏胸肉の具材をつくる 

1)鶏ガラスープで煮た鶏胸肉を細く裂いていきます。
食べやすい大きさに裂いてください。

2)半分はプレーン、半分はお味噌味に仕上げます。
・味噌
・酒
・ゴマ
・醤油
・砂糖
を混ぜ合わせ、鶏肉に和えます。
味は各自で調整してください。
甘めが好きな人は、砂糖多めにするとかで味は、簡単にまとまります。

2−3 その他の具材をつくる

・錦糸卵
・ネギ
・海苔
・さつま揚げ

を用意する。

3 具材をご飯に盛りつけ、スープをかけて出来上がり!


鶏飯は確かに美味しいのですが、ちょっと味が単調。。。
という方にむけて、次の更新では、アレンジレシピを公開します。


posted by hosuhito | 00:19 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
干さないひと:ヨーグルトと玉子のカレー

カレー


ヨーグルトとたまごを混ぜて何となくタイ風なカレーができるという

画期的なカレーです!!(笑)

とてもクリーミーに仕上がります。

homamさんのピクニックでの評判がとてもよかったので、

まずはこちらをアップです。

冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

もちろんあったかくてもおいしいです。



材料2人分


とりもも肉 200g

パプリカ 半分

たまねぎ 半分

しめじ 40g

クレソン 25g

しょうが 10g

ヨーグルト 80g

水 150cc

中華スープのもと 小さじ1

ナンプラー 小さじ1

グラニュー糖 小さじ1

カレー粉 大さじ1.5〜2


1、下ごしらえをする。

とり肉は一口サイズに切り、分量のカレー粉をまぶし、しばらく置く。

パプリカは縦に細切り、たまねぎは、一口サイズにざっくばらんに。

しめじは石づきをとり食べやすい大きさに小房に分ける。


2、フライパンに油を引き、しょうが入れ、香りをだす。


3、とり肉を炒める。

表面にちょっと焦げ目がつくくらい。


4、しめじ、パプリカ、たまねぎを入れる。

カレー粉がやさいにもまんべんなく移ったらOK。

あまり炒めすぎると、野菜のシャキシャキ感がなくなりおいしくなくなる。


5、水を加え、中華スープのもと、ナンプラーを入れる。

このとき味を、中華スープと塩(分量外)で整える。


6、グラニュー糖を入れる。

調味料の「さしすせそ」は、この際無視する!

ちょっと濃いめになるくらいまで煮込む。


7、ヨーグルトとたまごを加える。

器に、溶き卵を入れその中にヨーグルトを入れる。一体化するように混ぜてから

フライパンに入れる。


8、ヨーグルトとたまごを入れたら、火を止め、クレソンを入れる。

余熱のみでクレソンは大丈夫です。ヨーグルトとたまごは、加熱すると分離してしまうので、気をつけてください。


9、冷ましたら出来上がり。

冷めたままでも、一度あたためても(煮立たせない)おいしいです。

posted by hosuhito | 23:16 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
干すひと:干しやさい作る編
JUGEMテーマ:食生活【干しやさいを作る編】
 
干しやさい全般について

干しやさいと一言でいっても、スーパーで売られている切り干し大根のようにカラカラなものから、天日にあたりしなっとなる程度のものまで様々です。それぞれの料理の用途にしたがって、干し具合をかえていくのをおすすめします


【キュウリ】

1、縦半分に切ります。

2、種の部分をスプーンなどで取り除きます。

3、重ならないように干します。

1日から2日くらいでしなっとなり、水分もかなり抜けます。

干すひとでは、カラカラになるまでほしたことがないので、カラカラになるとどうなるかわかりません。(ごめんさない!)カラカラを作りましたら、報告しますー。

干し野菜 きゅうり


【かぼちゃ】

1、種などを取り除き下処理をし、水気を拭き取ります。

2、3〜5ミリ程度の厚さで切ります。

3、重ならないように干します。

天気のよい日などは1日でも目に見えて乾きます。

2日もしっかり干せばカラカラになります。

干し野菜 かぼちゃ


【トマト】

1、横に5〜7ミリ程度の厚さに切ります。

2、種の部分をお箸などで取り除きます。

3、重ならないように干します。

トマトは干すのに時間がかかります。カラカラになるには、最低3日は必要です。天気予報を見て計画的に干しましょう。また、天候によって、切る厚さを変えてください。

干し野菜 とまと


【ナス】

1、輪切り5〜7ミリ程度の厚さに切ります。

2、重ならないように干します。

ナスは乾きやすいです。1日干せばかなりの水分が抜けます。カラカラに2日ほどです。

干し野菜 なす


【にんじん】

1、厚さ2ミリ四方くらいになるように切ります。

2、重ならないように干します。

乾きやすいです。1日でしんなりします。2日も干せばカラカラに。

干し野菜 にんじん


【ピーマン】

1、縦に2〜3ミリくらいの幅で切ります。

2、重ならないように干します。

2日程度干すことで、甘みが出ます。何かのハーブのような味と香おりになります。

干し野菜 ピーマン


【リンゴ】

1、縦に4等分し、芯をとります。

2、皮のまま、5ミリくらいの厚さでスライスします。

3、重ならないように干します。

2日でいい感じにしなっとなります。干すひとでは、カラカラになるまでほしたことがないので、カラカラになるとどうなるかわかりません。(ごめんさない!)リンゴについてもカラカラを作りましたら、報告しますー。

干し野菜 りんご


【キウイ】

1、皮をむき、5ミリ程度に輪切りします。

2、重ならないように干します。

3日干すとおいしいドライフルーツになります。

干し野菜 キウイ


【イチゴ】

1、へたを取り半分に切ります。

2、重ならないように干します。

こちらは実験中です。正確でなくて、ごめんなさい。ただ、乾きが悪いのは確かです。

干し野菜 いちご


【長ネギ】

1、5センチくらいの長さに切ります。

2、切ったものを縦に半分にします。

3、重ならないように干します。

1日干すだけで、甘みが増すことを実感できます。

干し野菜 ねぎ


【タマネギ】

1、皮をむき、縦に半分に切ります。

2、2ミリくらいの厚さにスライスします。

3、重ならないように干します。

タマネギによって、甘みが増す具合が違います。辛みが残るものあるので、火を通さないで食べるときは、辛みがないものを使いたいものです。

干し野菜 タマネギ


【じゃがいも】

1、皮のまま、一口サイズにごろごろな形に切ります。

2、重ならないように干します。

色が変色しますが、気になさらずに。2日くらいが目安です。こちらも干すひとではカラカラにしたことはありません。料理によって、輪切りで干してもよいです。


【しめじ】

1、株をほぐす。

2、重ならないように干す。

天候によって異なりますが、だいたい2日でカラカラになります。


レシピは↓

posted by hosuhito | 08:00 | 作り方 | comments(0) | trackbacks(0) |
干すひと:干しやさいの作り方(道具編)
 干しやさいの作り方


【道具編】

干し野菜 ネット

干物用ネット

魚などの干物用ネットが便利です。つり下げることができ、通気性もよく乾燥が早いです。一度にたくさん干すことができるのも魅力です。

干し野菜 金網

金網干物用ボックス

こちらは祖母が持っていたものを拝借しました。どこで買ったのかは不明です、あまり見かけるものではないのですが、○○さんの本にも同じようなものが掲載されており、以前はわりとメジャーな生活道具だったのかもしれません。ビジュアル的にかっこいいので気に入っております。


百円均一などで売ってものでも始められます!

バットやかごの上に底があがっている網を使用すれば問題なく、干しやさいができます。虫や鳥よけのネットも百円均一の園芸コーナーのもので十分です。

posted by hosuhito | 08:00 | 作り方 | comments(0) | trackbacks(0) |
干しジャガイモととり肉のフィリピン煮
干し野菜ジャガイモ

以前働いてところの先輩が作っていたのをアレンジレシピです。

なぜフィリピンなのかわからないのですが、とにかくお酢と醤油でフィリピンなのです!という説明でした。


さてこちらは、干したジャガイモを使います。

今回は、2日ほど干しています。大きさも、一口サイズでカットし、

ジャガイモの食感を楽しめるようにしました。

干すと普段は感じないジャガイモの香りが楽しめます。


材料(1人〜2人分)

干しジャガイモ 100g

とり肉 150g

水 1/2カップ

醤油 1/4カップ

酢 1/4カップ

にんにく 1片

鷹の爪 1本

鶏ガラスープ 小1〜2(今回はウエイパーを使用。この時は小1で十分でした)


1、鍋に油をひき、包丁の背で押しつぶしたにんにく、鷹の爪を入れ、香りを出す。


2、一口サイズに切ったとり肉、干しジャガイモを入れ炒める。


3、とり肉の表面に火が通ったら、水、醤油、酢、鳥ガラスープを入れる。


4、ふたをし、弱火で、水分が3分の1ほどになるまで、煮込んだら出来上がり。


 JUGEMテーマ:ちょっとエコ


posted by hosuhito | 07:56 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
www.flickr.com
こちらは 干すひとの写真
Search this site
{hosuhitoの本}